マスクによる肌トラブルについて

新型コロナウイルスの対策で毎日マスクが欠かせなくなりました。
長時間のマスク着用による乾燥、湿疹、ニキビなどの肌トラブルに悩まされている方も多いのではないでしょうか。
その原因は主に「擦れ」と「蒸れ」だそうです。
特に不織布マスクは硬い素材のものも多く、口を動かした際など肌に摩擦が起こり、赤みや痛み、痒みなどが生じます。
またマスク内の湿度が高くなることで、雑菌の繁殖が起こりニキビが出来たり、悪化する事もあります。

対処法としては…
・自分のサイズに合うマスクを選ぶ
・マスクと肌の間に柔らかい布などを挟む
・マスクが触れる部分の保湿を十分に行う
・健康的な食事や質の良い睡眠で健やかな肌を保つ

これらの対処法を実践しても改善しない場合には、皮膚科専門医のいる当院へお気軽にご相談下さい。

LINEで送る


 


コメント


認証コード5120

コメントは管理者の承認後に表示されます。