もし火傷をしてしまった場合、やはり傷痕は残したくないものです。そこで1番にすべき事は、まず水でよく冷やす事です。

自己判断による処置は悪化を招く場合がありますので、すぐに病院を受診することをお勧めします。
そして、病院受診後の自宅での処置の際、気をつけて頂きたいことは次の三点👆

①消毒はしない
②湯船につけない(患部をシャワーで優しく洗う)
③傷パワーパット等の創傷被覆材などは使用しない
です。

尚、傷の治っていく過程により、お薬を変更する場合がありますので、自己の判断で通院をやめてしまうのではなく、医師の指示に従うようにして下さい。