東京都千代田区神保町、御茶ノ水の皮膚科。水道橋、九段下、神田からも通いやすいです。アレルギー検査39項目、粉瘤、アトピー、ニキビ、いぼ、円形脱毛症、乾癬、白斑、ほくろ、巻き爪、爪水虫、多汗症など平日毎日夜間まで、土曜日も診療。

花粉の飛散量

花粉の飛散量

こんにちは!
3月に入り花粉症の方にとって辛いシーズンがやってきましたね。

花粉の飛散量を時系列で見てみると、
天候によってもかなり違ってくるようですが、花粉は早朝から飛散を始め午前中にピークをむかえ13時~15時が飛散量の多い時間帯のようです。
夕方からは少なくなり始め、深夜から早朝にかけてもっとも少ない時間帯となります。
つまりこの時期は1日中花粉は飛散しているので、
日中だけではなく夜お帰りの際もマスクやメガネなどを着用し花粉の侵入を防ぐ必要がありそうです。
花粉症は飛散量に応じて症状が重くなりますので、
症状で悩んでいる方は早めの受診をオススメします。

コメント


認証コード6705

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional