東京都千代田区神保町の皮膚科。水道橋、九段下、御茶ノ水、神田、大手町からも通いやすいです。アトピー、ニキビ、粉瘤、いぼ、円形脱毛症、乾癬、白斑、ほくろ、巻き爪、爪水虫など皮膚病全般を平日毎日夜間まで、土曜日も診療。アレルギー検査も行っています。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

 アトピー性皮膚炎は、増悪・寛解を繰り返す、そう痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者さんの多くはアトピー素因を持ちます。アトピー素因とは患者さんやその家族が気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎のいずれか、あるいは複数の疾患をもつまたはさまざまな物質に対して抗体を作りやすい体質といえます。
 アトピー性皮膚炎は、乾燥し皮膚のバリア機能が低下し、炎症を起こしやすくなっている皮膚に、汗、ほこり、摩擦などの外からの刺激が加わって起こります。最近ではフィラグリン遺伝子の異常が指摘され皮膚のバリア機能の低下が指摘されています。
 
 有症率としては報告によってかなりばらつきがありますが、小児で10~13%、20歳代で約10%、30歳代で約8%、40歳代で約4%と年齢とともに減少していく傾向があります。

 日本皮膚科学会のアトピー性皮膚炎の診断基準ですが
 
 1 瘙痒(かゆいこと)

 2 特徴的皮疹と分布
   ・皮疹は湿疹病変
   急性病変:紅斑(赤い斑点)、湿潤性紅斑(じくじくした赤い斑点)、丘疹(ぶつぶ
   つ)、漿液性丘疹、鱗屑(かさかさ)、痂皮(かさぶた)
   
   慢性病変:浸潤性紅斑・苔癬化病変(皮膚がかたくなり厚くなる)、痒疹、鱗屑、痂皮

   ・分布(左右対側性)
    好発部位:前額、眼囲、口周囲・口唇、耳介周囲、頸部、四肢関節部、体幹
     乳児期:頭、顔にはじまりしばしば体幹、四肢に下降
     幼小児期:頚部、四肢関節部の病変
     思春期・成人期:上半身(頭、首、胸、背)に皮疹が強い傾向

 3 慢性、反復性経過(しばしば新旧の皮疹が混在)
   乳児では2か月以上、1歳以上では6か月以上を慢性とする。

1,2,3の項目を満たす時アトピー性皮膚炎と診断します。

 また診断の参考になる血液検査所見として血清総IgE値、血中好酸球数、特異的IgE抗体価、血清TARC値が挙げられます。

 原因、悪化因子として食べ物、発汗、物理的刺激(衣類、大気の乾燥、毛髪、化粧品)、環境因子(ダニ、ハウスダスト、花粉、ペットの毛など)、細菌・真菌(かび)、接触抗原(外用薬など)、ストレス、掻破(かきむしること)など多岐にわたります。2014年にVIEWアレルギー36というダニ、ハウスダスト、各種食物など36種類のアレルゲンの血液検査を1回で調べることができるようになったので1度調べてみることををお勧めします。

 乳児アトピー性皮膚炎は特に食物アレルギーを伴っていることがあるので、必要あれば検査をし、原因食物を除去します。発汗についてはシャワーなどで洗い流すことが症状の改善につながります。物理的刺激に関しては、刺激の少ない衣服を着用し、冬は加湿器を使用して室内の湿度を40~50%に保つとともに、保湿剤を使用します。化粧品ではクレンジング製品が問題となることがあります。当院では敏感肌用として
2eシリーズ(資生堂)
をお勧めしています。

 環境因子(ダニ、ハウスダスト、花粉、ペットの毛など)に関しては
花粉対策→花粉症の項へ

 湿気をためないように換気(湿度70%以下)、サッシの結露をふき取る、クロス張りの壁、ソファを避ける、空気清浄機の設置、防ダニカバーの装着、干した後は掃除機がけ、カーペット、畳を避ける、ホコリの舞い上がりやすいフローリングなどでは、室内アレルゲンが床に落ち着く朝のうちに、濡れ拭き掃除の後に掃除機をかける(1㎡あたり20秒以上でゆっくりと掃除機がけ)、ペットは飼わないなどに気を付けます。
 細菌・真菌(かび)に関しては感染症状がなければ入浴、シャワーなどにより皮膚を清潔に保つことを基本とします。

 外用薬などによるアレルギー性接触皮膚炎が疑われた場合はパッチテストで原因物質を明らかにし、中止します。
 規則正しい生活をおくり、暴食、暴飲を避けストレスをためないことも大切です。
 皮膚の乾燥や軽微な物理的刺激が掻破につながるため、保湿剤や皮膚の被覆による刺激からの保護が有用です。

 アトピー性皮膚炎では、皮膚のバリア機能と保湿因子の低下により、外来抗原が侵入しやすくなり、経皮感作が起こると考えられています。多くの場合皮膚が乾燥し、特徴的なドライスキンとなります。そのためスキンケアとしてシャワーや入浴などによる皮膚の洗浄、保湿剤の塗布が大切です。
実際には以下のことが大切です。

 毎日の入浴、シャワー
 ・石鹸、シャンプーを泡立てネットなどを使いよく泡立てます
 ・素手で優しく洗います
 ・泡が残らないように、ぬるま湯でよくすすぎます
 ・お湯の温度は38~40℃が適温
 ・石鹸、シャンプーを使用する時は洗浄力の強いものは避けます

 当院では資生堂の
 2eシリーズをお勧めしています。
 ・入浴後にほてりを感じさせる沐浴剤、入浴剤は避けてください
 保湿
 ・入浴後に保湿します
 ・患者さんの肌状態にあった白色ワセリンやヘパリン類似物質含有の保湿剤などを
  外用します
 ・保湿剤は1日1~3回程度外用します
 ・保湿剤を塗る前に手をよく洗ってください
 ・塗る量の目安ですが、軟膏、クリームは人差し指の先から第一関節までの量で、ロー
  ションは1円玉大の大きさでおよそ成人の手のひら2枚分の面積に塗れます。
 ・春・夏は、さっぱりしたローションが、乾燥する秋・冬は、油分を多く含んだ軟膏や
  クリームがいいです。

 その他
 ・室内を清潔にし、適温、適湿を保ちます
 ・新しい肌着は使用前に水洗いします
 ・洗剤はできれば界面活性剤の含有量の少ないものを使用し、十分にすすぎます。
 ・爪を短く切り、なるべくかかないようにします(手袋や包帯による保護が有用なことが
  あります)

 保湿剤を中心としたスキンケアが大事ですがそれだけでは炎症が治まらないことも多く、そういう場合はステロイド外用薬(5段階の強さがあり、皮膚症状の程度、部位、年齢に応じて使い分けます)やタクロリムス(商品名プロトピック)軟膏を1日2回外用します。以前はステロイドやタクロリムス外用剤は痒み、赤みがある間だけ塗るreactive療法という治療が主流でしたが、再発を繰り返すことが多く、一見治ったように見える部分も組織レベルではまだ炎症が残っていることが多いことがわかってきており、最近は再発を繰り返すような場所には皮疹が軽快してもステロイド外用薬やタクロリムス軟膏をしばらく塗り、その後週に3回→2回→1回と徐々に外用を減らしていくproactive療法が治療の主流になりつつあります。また痒みが強いときは抗アレルギー剤の内服を補助的に行います。シクロスポリン(商品名ネオーラル)は16歳以上で最重症の患者さんに限定して使用します。
 その他の治療として、紫外線療法や漢方薬による治療が補助的に用いられます。また、アロエ、温泉、馬油、椿油、はりなどを用いた様々な民間療法がありますが、医学的根拠に乏しくとてもひどくなってから皮膚科を受診する方もいるので民間療法を始める前に皮膚科を受診することをお勧めします。

 アトピー性皮膚炎の合併症としてアレルギー疾患、皮膚感染症、眼科的疾患が挙げられます。乳児のアトピー性皮膚炎は自然に治ることも多く、治療でいい皮膚状態が保たれるとその可能性が上がると言われています。乳幼児期に湿疹がひどいと皮膚から食物やダニなどアレルギーの原因物質が吸収され、感作されると言われています。すなわち食物アレルギーなどの他のアレルギー疾患にならないようにするためにも湿疹病変の治療が大切になってきます。皮膚感染症としては伝染性膿痂疹、伝染性軟属腫、カポジ水痘様発疹症などがあり、適切な治療が大事になってきます。また白内障や網膜剥離などの重篤な眼合併症も重症なアトピー性皮膚炎には起こりうるため、目の周りの皮疹を適切に治療し、眼の症状については早めに眼科を受診します。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional