ニキビは皮膚科に行こう!② ~診察~

今回はニキビのお話の2回目です。

前回は、ニキビの治療は近年大きく進歩しているので、ありふれた症状と思わずに
大人も子どもも早い段階で皮膚科行きましょうというお話しでした。

では皮膚科にいくとどんな感じで診察されるのでしょう?

① まずはご自身のニキビの症状を伺います。

顔中ニキビができてしまって悩んでいる方
たくさんニキビがあるわけではないけど気になっている方
なかなかセルフケアでは治りにくい方
特に何もしなくても治っていくけど周期的に繰り返してしまう方
様々な方が様々な症状で受診にいらしています。

「軽いのにいってもいいのかな?」「こんなに酷くなるまで放っておくなんてと怒られないかな?」等心配されずにお気軽に相談にいらしてください。

言いにくいことは問診票に書いていただいても結構ですし
問診票に書いて医師以外に見られるのは嫌な時は直接診察の時に医師にお話しされても構いません。
ニキビで病院に行くのは大げさだとは思わずにいらしてくださいね。

にきび痕を残さないためには軽症のうちに皮膚科で治療して早く治すことが重要です。

② 症状を伺った後は…

ニキビのできやすさや症状、年齢やアトピーなどの基礎疾患の有無など幅広くその人を診させていただき
その人に合わせた治療方法をご提案していきます。
複数ある塗り薬からその人にあったものを選択し、時には飲み薬等も組み合わせて治療していきます。

塗り薬や飲み薬はおうちでご自身で治療を継続していただいて効果を得られるものです。
一緒に治療を継続していけるようにお薬の使い方のコツやスキンケアの選び方のコツなど
医師や看護師から説明もさせていただいています。
スキンケアのサンプルもお渡しできます。
気になることがあればこの時にもなんでも聞いてください。

③ あとはお会計で処方箋をお渡しするので、早めに薬局でお薬に変えて早く治療を開始しましょう!

当院でのニキビ治療は主に保険適応の治療をしています。
健康保険が使えますのでご安心ください。

自由診療・自費診療ではサリチル酸マクロゴールピーリングの施術やスキンピールバーの販売もしております
こちらも気になる方はぜひご相談ください

LINEで送る


 


コメント


認証コード7462

コメントは管理者の承認後に表示されます。