血液検査

当クリニックで血液検査が行われるのは主に以下の場合です。

  • 手術前
    血液一般(白血球数、ヘモグロビン、血小板数など)や感染症(梅毒など)の有無のチェックをします。
  • 爪水虫(爪白癬)の内服治療開始前および開始後
    ラミシール内服の場合、少数ですが肝臓などに影響を認める方がいます。そのため、投与開始前、開始後1ヶ月、開始後2か月は肝機能を含めた血液検査が必須となっています。

<アレルギーについて>
IgEとは抗体の一種でアレルギーに関与しています。抗体とは病原菌や病原たんぱく質(抗原)に結合して、感染の阻害やたんぱく質の毒性を中和する機能を持つ、B細胞(白血球の一種)から産生されるたんぱく質の一種です。血液検査で総IgEやスギ、ダニ、ハウスダストなど個々のアレルゲンに対する特異的IgEを測定することで、さまざまな対策を立てアレルギー性疾患の改善につながります。

またViewアレルギー36というセットで1度に36項目調べることも可能です。

  • その他皮膚疾患に伴う場合
    皮膚疾患の原因検索や診断の確定、治療効果の確認のためなどに血液検査を施行します。また使用する治療薬によっては副作用の発現の有無や血液中の濃度を測る必要があるものがあります。
  • その他希望に応じて
    HIVの血液検査など希望があれば検査可能です。ただ、希望のみで特に症状がない場合は保険外診療となります。