薬疹

薬疹とは、内服や注射などにより投与された薬剤によって生じる発疹をいいます。
原因薬としては抗菌薬や痛み止め(NSAIDs)などの頻度が高く、薬剤ごとに好発病型(頻度の高い皮膚症状)があることが知られていますが、薬剤や個体側の反応性によりあらゆる皮膚症状をとります。一番頻度が高いのは播種状紅斑丘疹型(四肢や体に浮腫性紅斑が多発するタイプ)です。

原因薬剤についてですが、薬疹の出現時期と薬剤の投薬期間、類似薬による薬疹の既往歴の有無、発疹型などから可能性のある薬剤を絞り込みます。
検査としては、血液検査(薬剤リンパ球刺激試験)とパッチテストが比較的安全に施行できますが、それだけでは原因がはっきりしない場合もあります。他に、スクラッチテスト、プリックテスト、皮内テストなどの皮膚テストや再投与試験を行うこともあります。当院では原因と疑われる内服薬を持ってきていただける場合のみ血液検査(薬剤リンパ球刺激試験)を予約制で実施しています。他の薬疹に対する検査は実施していません。

治療は原因薬剤を中止することが重要ですが、重症薬疹の場合入院の上、ステロイドの全身投与などの治療が必要になります。