東京都千代田区神保町の皮膚科。水道橋、九段下、御茶ノ水、神田、大手町からも通いやすいです。粉瘤、アトピー、ニキビ、いぼ、円形脱毛症、乾癬、白斑、ほくろ、巻き爪、爪水虫など皮膚病全般を平日毎日夜間まで、土曜日も診療。アレルギー検査39項目、インフルエンザ予防接種も行っています。

スタッフ募集

スタッフ募集

現在、当院では非常勤医師、看護師、医療事務の募集は行っていません。

<医療法人社団明行会の理念>

 皮膚病で悩んでいる方を一人でも多く治る手助けをして生活の質を上げていけるようにする、そして明るく生活していけるよう手助けをするのが明行会の使命です。アトピー性皮膚炎やにきびなどストレスで悪化する皮膚病は多いです。私自身も長い間蕁麻疹を繰り返していました。やはりかゆみというのは命には関係ないですが、不快で生活の質は下がります。それでは仕事や勉強などに支障が出たりします。皮膚科医になって、皮膚病に悩み治したいと考えている方が実に多いことを日々実感しています。また皮膚病が治っていくうちに診察の時の笑顔が増えていく方も多くいらっしゃいます。明行会では医師、看護師、医療事務がチームを組み、皮膚で悩んでいる方々のお悩みを解決し笑顔で明るく社会生活を送れる手助けができるよう日々頑張っています。残念ながら、アトピー性皮膚炎やにきびなどの皮膚病は慢性的に経過し、良くなったり悪くなったりを繰り返しますがそれでも毎回通っていただいている方が少しでも良くなるよう薬の種類や量を変えたり、生活指導をしたりと外来という限られた時間ではありますが適切にできるよう心がけています。皮膚科の保険診療もここ数年でも次々と新薬が登場し、治療ガイドラインの変更も多くありました。標準治療も年々少しずつですが変わってきており、常に最新の情報が提供できるよう勉強会を開いたり、学会に参加したりして知識を新たにしています。皮膚のスペシャリストとしてチーム医療で来院される方々の手助けができるよう日々こつこつ頑張っていくことが明行会の使命と考えています。
 現在は多くの方がインターネットで当院を検索して来院されています。また電子カルテによる診療、会計とPCは必要不可欠なものになっています。ただやはり、医療の基本は人と人との関わりにあります。現代ではブラック企業などという言葉をよく聞きますが、一時的にうまくいったとしても、やはりそこで働いているスタッフが満足できていなければ、会社としても長続きしないかと思います。スタッフ一人一人が、クリニックに誇りを持ち、使命を共有し、皆で話し合い、明行会をよくしていけるよう、日々努力していくことが大切です。そうすることで、スタッフの笑顔も増え、来院する方々を安心させることもできるようになってくると思います。明行会では皆で元気に明るく、また貪欲に学ぶ姿勢のある方と是非一緒に働いていきたいと思います。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional