東京都千代田区神保町、御茶ノ水の皮膚科。水道橋、九段下、神田からも通いやすいです。アレルギー検査39項目、粉瘤、アトピー、ニキビ、いぼ、円形脱毛症、乾癬、白斑、ほくろ、巻き爪、爪水虫、多汗症など平日毎日夜間まで、土曜日も診療。

インフルエンザ予防接種

インフルエンザ予防接種

 インフルエンザワクチンは、当院で対象となる13歳以上の方は、0.5㏄を皮下脂肪組織に、1回注射します。インフルエンザは例年1月上旬~3月上旬ごろに流行し、ワクチンが十分な効果を維持する期間は接種後約2週間から約5か月とされているため、10月~12月中旬に接種することをお勧めしています。
 インフルエンザワクチンは、接種すればインフルエンザに絶対にかからないというものではないですが、ある程度の発病を予防する効果があり(発病予防効果が34~55%)、またたとえかかっても症状が重くなるのを阻止する効果(死亡を防止する効果は8割程度)があります。
 明らかな発熱のある方(37.5℃以上)はインフルエンザワクチンの接種ができないためご注意ください。また最近受けた予防接種が生ワクチンであった場合には接種した日の翌日から27日以上、不活化ワクチン又はトキソイドの場合には接種した日の翌日から6日以上間隔をあける必要があります。接種当日は激しい運動は控えていただければ入浴はOKです。

 主な副反応としては
・全身症状:発熱、悪寒、頭痛、倦怠感等を認めることがありますが、通常2~3日で消失
      します。
・局所症状:発赤、腫脹、疼痛等を認めることがありますが、通常2~3日で消失します。

 2017-2018シーズンインフルエンザワクチンは

A型株  A/シンガポール/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09
    A/香港/4801/2014(X-263)(H3N2)
B型株  B/プーケット/3073/2013(山形系統)
    B/テキサス/2/2013(ビクトリア系統)
のA型2種類、B型2種類の4価ワクチンとなります。

 尚、インフルエンザワクチンに含まれるチメロサール濃度はごく少量であり、胎児への影響はないとされています。懸念されていた自閉症との関係は最近否定されており、産婦人科診療ガイドラインー産科編2014では、チメロサール含有ワクチンを妊婦に投与しても差し支えないとしています。今シーズンはチメロサールフリーも数は少ないですがありますので、ご希望の方は受付でおっしゃってください。
ただ、在庫がない時もあるのでご了承お願いします。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional