東京都千代田区神保町、御茶ノ水の皮膚科。水道橋、九段下、神田、大手町からも通いやすいです。粉瘤、アトピー、ニキビ、いぼ、円形脱毛症、乾癬、白斑、ほくろ、巻き爪、爪水虫など皮膚病全般を平日毎日夜間まで、土曜日も診療。アレルギー検査39項目、花粉症治療も行っています。

たこ(胼胝)・うおのめ(鶏眼)

たこ(胼胝)・うおのめ(鶏眼)

 たこ、うおのめはともに機械的な刺激により角質が部分的に肥厚した状態です。ただし、たこは角質が一様に厚くなっているために押してもほとんど痛くありません。一方、うおのめは肥厚した角質の中心が芯のようになって内側に深く侵入しているため、押すとトゲが刺さったように痛みます。

 治療ですが、まず、窮屈な靴を履かないなど原因となる刺激を避ける工夫が必要です。靴などを選ぶときは、底が柔らかく、クッション性の良いものを選ぶ必要があります。また、足趾を締め付けないように足にフィットした幅の靴を選ぶようにします。また室内でもスリッパなど室内履きを使用するといいです。その他、肥厚した角質を削る、サリチル酸を貼付するといった処置をします。特に、うおのめでは角質の核の摘除が大切です。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional