東京都千代田区神保町、御茶ノ水の皮膚科。水道橋、九段下、神田からも通いやすいです。アレルギー検査39項目、粉瘤、アトピー、ニキビ、いぼ、円形脱毛症、乾癬、白斑、ほくろ、巻き爪、爪水虫、多汗症、インフルエンザ予防接種など平日毎日夜間まで、土曜日も診療。

かぶれ(接触皮膚炎)

かぶれ(接触皮膚炎)

 かぶれ(接触皮膚炎)は実に様々な原因により生じます。主なものを上げると、金属、植物、食物、日用品、化粧品、医薬品などがあります。

 症状としては、基本的には原因物質が触れた部位に、紅斑(赤み)や漿液性丘疹(ぶつぶつ)、小水疱(小さい水ぶくれ)、びらん(浅い傷)、痂皮(かさぶた)などが生じます。

 湿布など原因がはっきりしている場合も多いですが、顔の化粧品のかぶれなどは問診だけでは特定しにくく、原因物質の特定にはパッチテストを施行します。

 パッチテストとはかぶれの原因と考えられるものを、背中または腕の内側に貼ります。2日間貼ったままで、その後はがし、1回目の判定をします。その翌日に2回目の判定をします。2回目の判定がおわるまでシャワー、洗髪は控えていただくので、涼しい季節に行う方がいいです。

 治療は原因物質を絶つことが一番重要です。ステロイドの塗り薬でよくなりますが、原因物質との接触が続いていると再発します。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional